株のしくみとは

株と聞くと難しく聞こえますが、一言で言うなれば会社の一部と言えます。
会社が株券を発行するのは資金調達という目的のためです。
その資金調達の一端を担うと言うことは実質的に会社のオーナーの1人になると言えます。
これを株主といいます。
一般人である私たちが株を買う目的は個人オーナーとしての権利(株主総会・株主優待)などを手に入れる事です。

では、株売買の元である株式市場とはなんでしょう?
株式の取引は各地に証券取引所があり、そこで行われています。
最も有名なのは東京証券取引所ではないでしょうか?
株に興味のない方でも1度は耳にしたことがあると思います。
その東証でも一部・二部とあります。
メジャーリーグで言えば、メジャーとマイナーリーグがあるのと同じです。
二部にいても業績がいいと一部に格上げされ、そこで東証一部というのが1つのステータスとなるのです。
企業はそこを目指す理由として、その企業の認知度、信頼度があがるからですね。
身近な所で言えば、名の通った企業に入社するようなものです。
勿論東証以外にも優秀な企業が沢山ありますが、こちらは上場するための審査基準が非常に難しく、上場していれば優秀で潰れにくい会社だと認知されるわけです。

またこちらとは別にジャスダック市場(新興市場)と言われる取引所があります。こちらは証券取引所に属さず中小企業などで構成されています。
比較的に値動きの激しいので慣れるまでは東証の一部の中から銘柄を選ぶ方が無難でしょう。

ただ、注意しておきたいのはその企業に行って、株を買いたいのですが。と行っても取引は出来ません。
会社と直接売買するわけではなく、株式市場で行われるからです。
なので、人気だからこの株を買おう!と思っても証券会社を介してしか購入出来ないのです。

なので、証券会社を選ぶ際には自分の買いたい企業が上場している株式市場を扱っているか確認が必要となります。