デイトレードに向いている人の特徴

人には向き不向きというものがあり、デイトレードにおいても、同じような事が言えると思います。
実際に、性格的に向いてない人もいるのです。
なので株式投資の口座を開設する際に、その適正を聞く為の質問を記入するアンケートの記述が義務づけられているそうです。
適正でないと判断されたからといって、口座を開設出来ない訳ではないので安心して下さい。
その適正結果を元に証券会社の営業マンは、投資家に勧める商品のリスクの許容度を測るのです。

では、デイトレードに向いている人物の特徴とは…?

○集中力がある人がデイトレーダーに向いています。
デイトレードはマイルールを決めて、機械的な売買をコツコツと行う必要があります。
取引回数が多いほど、地道な作業を繰り返す事が多くなります。
取引中に如何にその集中力が発揮できるかで、稼げる・稼げないが決まる大きなポイントとなります。

○判断力のある人
急な価格の変動に対して焦らず、冷静な判断をする必要があります。
判断力がない人の場合は急な変動にたいして、どうしようと悩んでいる間に流れを逃してしまうことがあるからです。

○情報収集や勉強に手を抜かない人
常に市場は変化しています。
その流れによって買いの株・売りの株が出てきます。
情報収集を怠ると、必要のない銘柄を買ってしまう事にもなりかねません。

会社四季報や日本経済新聞を毎日読むだけでも違います。
書店には、株に関する書籍も沢山揃ってます。
その情報収集は、とても重要です。
またデイトレードをしている人向けのセミナーなどに参加したりするのも大事です。
勉強会に参加する時間を惜しまない事です。

今はインターネット上で常に株の動きを見ることが出来ますし、様々なサイトがあり情報元は沢山あります。
そこで上記の判断力があるというのも伴い、どの情報が正しいのかを判断する力も必要となってきます。
自分の投資方法を確立出来る人が、向いている人だと言えると思います。