チャートの見方

これが分からなければ、株は始めれませんよね。
まず、あなたが買いたい株を見つけた場合、インターネットで株価チャートを見ましょう。
それによって、過去の値動きが見えます。

どんな優良企業でも株価は、常に一定でなく上がったり下がったりしているものです。
せっかくいい会社を見つけても、株価の基準が高時点で買ってもあまり意味がないのです。

○テクニカル分析の基本
これは株価の値動き、投資判断をする分析方法を指します。
これをつかい株価チャートのみを参考にして、利益をあげている人がいるくらい極めれば使えるものなのです。
単に過去の値動きだけでなく、そこから何を読みとるかが大切です。

株価チャートの基本は、ローソク足チャートで、ローソク1本で1日の始値、終値、高値、安値がわかります。
これらはネット証券のホームページ上で、数字でも分かります。
前日、前々日と過去に遡って見ていくときに、全て数字で表されていて見にくく流れを読みづらいです。
数字でなくチャートという形でビジュアル化する事で、今までの株価の動きが初心者の人にも分かりやすく見れるようになります。

テクニカル分析では、チャートの流れ・株の値動きを調べて投資の判断をします。
しかしチャートという形でビジュアル化されてないと、売買のポイントすら見つけだすことが困難です。
同じ株に投資している人は、その株のチャートをチェックしています。
皆が見ているということは、少なからず参考になる思います。
そこで人間の心理が働き、こう動けばこうなるのではと基本的なパターンを簡単なので覚えれます。
そうすることでいち早く流れを察知し上昇が本格化する前に買い、儲ける事が出来るのです。

○沢山の人が注目する数字に注目
そこに重要な点が実は潜んでいるのです。
株価チャートに、隠された数字が存在します。
それを読みとるのが、株価チャートでは重要になってきます。
他にもトレンドライン等ありますが、今回は基本のローソク足チャートの説明をしました。