出来高とは?

株価に先行する指数といわれている出来高について説明したいと思います。
出来高とは株の売買が成立した株数を指します。
例えば○○銘柄を買いたい人、売りたい人で、100株取り引きされるとします。
これを出来高といい出来高は100株といいます。

では出来高で何が分かるのでしょうか?
出来高とは先程説明した通り、取引されている株数の事を指します。
なので、出来高が多ければその銘柄の取引が活発だったと言えるのです。
出来高は市場全体または個別銘柄の勢いの指標としても利用されます。
会社の業績が前年度よりもよくなった
会社の不正が発覚した
など株価に影響しそうなニュースなどが出た際に注目が集まります。
その際に買いたい人・売りたい人が増えるため出来高が増えるのです。

一般的に出来高は株価に先行するといわれており、このことから出来高は相場の変わり目を判断する材料としても利用されています。

株価が上昇傾向にあると、人はもっと株価があがるだろうと考え買いたいと思う人が増えていきます。
しかし利益を確定するために売りたいという人も増加する事となり、出来高は急上昇します。
このようなケースで出来高が急増した後、株価もピークを迎えることがしばしばあるそうです。

また株価が下落傾向にある時は、割安感が出るために買いたい人、損切りをしたいと考え売りに出す人が増え、このときも出来高は急上昇します。
この後は先程と違い多くの株価が上昇するようです。

株価と出来高は切っても切れない所で繋がっているので、出来高は人気投票のような面があります。
ただ、それだけの判断としては株価が一番高いときに買ってしまう、なんてパターンもあるので先程紹介したローソク足などと合わせて
上手く相場を判断するといいと思います。

ここで先程デイトレーダーとしてい向いている人の特徴に出てきた判断力のある人、というのが重要になってきます。