新規公開株とは

株式市場で新しく公開=上場された株の事を言います。
新規公開株をIPOといいます。
新規公開株は比較的リスクが少なく、短期間で株価が上昇する可能性がありとてもいい投資方法です。
しかし、投資家から見ると新しく投資先が増えるということもあり注目を浴びる事になります。

新規公開株はかなりの確立で公募価格よりも初値が高くなります。
初値は公募価格=利益に繋がるので公募価格が60万円で初値が90万円だとすると単純計算で30万円の利益を得ることが出来るのです。

なぜ?どうして?と思うと思います。それは、あらかじめ新規公開株を買い、上場日に成り行き注文を出すだけでかなり高い確率で儲かるという好悪図ができあがります。
そのため新規公開株はとても人気があります。

新規公開株は大きなチャンスになり、利益を得る確立が高いのに、リスクがかなり低いので初心者の方に打って付けです。

では、新規公開株を手に入れるにはどうしたらいいでしょうか?
まず、新規公開株とはどの証券会社からであっても買うことが出来るわけではありません。
その理由は、ある会社が新規公開株を20000株発行したと仮定します。
その20000株を一気に売るのではなく、証券会社ごとに新規公開株を割り当てるのです。
そうなると割り当てのない証券会社も出てきます。
沢山の新規公開株を買いたい人は証券会社の口座は多めに開設しておけば、新規公開株を買いそびれるということを免れれます。

そして、その20000株発行された株を証券会社数社に振り分けます。
そこから投資家に抽選で分けられるのです。なので、上記に記したとおり、新規公開株を買いたい人は証券会社の口座は多めに…といいました。
これは、それぞれの証券会社に振り分けられた新規公開株の抽選が受けれるのでその分新規公開株の当選確率があがるのです。
なので複数の口座を持っている方が有利だということになります。