新規公開株のメリット

新規公開株の最大のメリットは公募価格で買えた時のリターンにあります。
新規公開株とは?でも記述しましたが、公募価格で買えた時、市場では初値が付いた際にとても高い確率で公募価格を大きく上回っていて、
中には公募価格の何倍にもなっているケースがあるのです。
なので、非常に高い確率でのリターンを期待することが出来ます。

何故そうなるのかというと、新規公開株を公表すると、今まで一般の投資家が買うことが出来なかった株が市場に出回ることになるの、手に入れるチャンスがきます。
新しいビジネスモデルを持った企業や急成長を遂げている企業など特に注目度が高くなり、上場後に買い注文が殺到し、大幅に高い初値がつく可能性があります。

新規公開株が決定すると、その新規公開株を扱う証券会社のホームページ上などで広く告知されることになります。すると、多くの投資家が注目します。
しかし、新規公開される株数は比較的に少ない為、注目が集まれば集まるほど買い注文の数が売り注文を上回り、初値が高くつくことになるのです。

新規公開株とはで記述した複数の証券会社での口座を開設しておくこと、を説明したと思いますがここでチャンスがくるのです。
複数の証券会社で抽選に参加する事が増えれば、その分新規公開株を手に入れるチャンスは増えます。
また、公開後の初値が付いた後は値動きが激しい物が多いので、
公募価格で買えたものを初値で売るという単純な事だけだと、値動きやチャートの読めない初心者でも簡単にする事ができ、利益を手にすることができます。

また、新規公開株の取得は売買手数料がかかりません。通常ですと、売却時に手数料がかかるのです。
これだけハイリターンが期待される新規公開株はいいことずくめですが、申し込みも多く頻繁に公募価格で買うことが出来る訳ではありません。
新規公開株の初値形成後の株価の変動は激しいので、株を保有する際には十分に勉強も必要です。