長期計画で株を保有する利点

一般的に投資を始める際にどのような投資スタイルにするかを決める必要があります。
デイトレード専門でいくのか、長期計画で株を保有するのか。
自身の大事な資産をどのように運用していくか考えることが大切になります。

通常、長期保有する場合は年単位で株を保有する事になります。
一般的に長期保有する運用期間は2?3年以上です。
数ヶ月経にでの投資は中期投資といいます。

長期計画に関して、主に、株を資産として考えている人が大半だと思います。
そのほかにはその会社を支援したいと言う人に関して向いていると言えます。

もしかすると、そのうち下落してしまうのではないか・損をするのではないか?と心配になるかもしれません。
しかし、株を長期に渡って保有して欲しいと考える企業が殆どだと言えるので長期に株を持っていて貰えるよう工夫をしている企業も多数あります。
まず、長期保有する事によって得るメリットといえば、株主優待や配当です。
長期で保有してくれる人には更に特典が付くことも多く、年数に応じて自社製品がランクアップしたり、貰える回数が増えたりします。
配当金に関しても長期に渡り保有している人に対しては多く貰えるようになっていたり、年に1回の配当が年数に応じて数回貰えるようになるなどランクアップする所もあります。
また、基本的に年1回の配当が、2回・4回など貰えるシステムになっている株もあるので、その株を保有しているだけで必ず利益が出るようになります。
ここがデイトレードとは違う大きな違いです。

また必要な資金もはじめに株を購入するときだけですので、暴落する恐れのない、会社の株であれば持ち続けている方がメリットが大きいといえます。

長期保有するという事は、購入時には詳細な検討が必要ですが一度購入してしまえば、
株価の確認をデイトレードみたいに頻繁にパソコンの前に座って画面をみて値動きを確認する必要がないのもメリットと言えます。