確定申告は必要?

一般的なサラリーマンの方には、ほとんど縁のない確定申告です。
しかし、会社を辞めた・または転職した・年末調整を受けれなかった人など確定申告が必要な人が実はいます。
そして確定申告した方が、お得になることもあります。
勿論それは、株にも同じ事が言えます。

では、株の確定申告が必要な時は?
まず、どういった場合に確定申告が必要なのかを知る必要があります。
1月1日から12月31日までの1年間に、20万円以上でた場合は必要になります。
つまり、1年間で20万円以下の利益だった人は必要ありません。

そして口座を開設する際に特別口座(源泉徴収あり)にしておくと、年間取引報告書を証券会社が作ってくれます。
儲けに対し、税金を源泉徴収税として天引き扱いになります。

では特定口座(源泉徴収なし)にした場合は?
年間取引報告書は、証券会社が作ってくれます。
源泉徴収の天引きはないので、自身で確定申告をする必要があります。
そして、一般口座を開設した場合は、すべて自分でしなくてはなりません。

証券会社で年間取引報告書を作成してくれないので、一年の売却損益も自身で計算しなくてはなりません。
勿論、確定申告も自身で行う必要があります。
大体の方が特別口座(源泉徴収あり)を選択している場合が多いと思いますが、税金の還付が受けれるケースもあります。

利益が所得控除の範囲内の金額だった場合です。
収入がその配当金がない人です。
簡単に言えば無職の人、専業主婦の人などが該当します。
この場合、確定申告をすると還付が受けれますが、気を付けないといけないのは専業主婦の方です。
申告する金額によっては、ご主人の扶養から外れ、次年度から社会保険料・年金などご主人とは別に納めなくてはならなくなります。
また、年金受給中などの方は、次年度の住民税や健康保険料があがる可能性もあります。
トータルで損したら、とりあえず申告しましょう。

特定口座(源泉徴収あり・なし)一般口座全てに共通のいます。
損失した場合は、確定申告の必要がありません。
利益に対し10%の課税ですが、年間でトータルして損失がマイナスであれば必要はありません。