損切りとは?

何度か損切りという単語が出てきたと思いますがここでは損切りについて説明したいと思います。
損切りとは含み損が発生している株に見切りを付けて損失額を確定する事を指します。
投資後の評価額が下落した際塩漬け(値上がりを期待し、長期保管し続ける事・しなければならない事を先送りにする事をいいます。)にしておくと
更に下落が続いて損害が拡大する可能性があります。
そのためには損切りをする必要があるのです。

損切りするためには?
普段から小さな損失を許容している自分をイメージしておけば損切りが必然的に出来るようになると言われています。
損切りと聞くと悪く聞こえますが、必要な事なのです。
自分を責めたり恐怖感を抱く必要もありません。
総合的に利益になればよいのですから。

何日も続けて損失をとらないために
素早く損切りする事を心がける
これだけでかなり違います。勝ち続けるということは天性の才能を持った天才的な人や極稀な人です。
大半の人は損切りをしているのです。そのためにも損切りは必要な行為であり、損失は小さく出来るのです。

ただ、損切りをして終わり。と言うわけにはいきません。
何故損失となったか売買を不利返る事も大切です。
これは同じ事を繰り返さないようにするためです。思い返すのも嫌かもしれませんが、失敗を繰り返すよりも余程いいと思います。
冷静に振り返れる事が出来れば、経験となり、知識となり、売買技術の向上に繋がって行くのです。

少しの利益でも満足することが大切です。
損失した翌日は取り返そうなど思いがちですが、それでは冷静な判断が出来ません。
数百円・数千円の利益がでればその日は満足しましょう。

そして好機を待ちましょう。
その日のトレンドがはっきりしてから売買に加わっても遅くはありません。
先急いで取引しようとすると危険が伴うのできちんと見極める力をつけましょう。

何度も記述してきましたが、マイルールを守りましょう。
損切りすると決めたら必ず実行してください。
もし、何日も損失となった場合翌日の売買は休みましょう。
冷静な判断が出来なくなってくるので気分転換も必要です。