順張りとは?

株を売買するには様々なタイミングがあります。
自身の勘に多取った適当な売買の仕方やテクニカル分析をきちんとし売買のタイミングを綿密に計るようなやり方など様々ですが、
基本的かつ単純なもので、順張りというものがあります。

順張りとは上昇したのを確認してから買う。というのが正に順貼りといいます。
上昇の波に乗るということでもありとてもよい手法と言えるのですが、
上昇を確認してから買うと言うことは、多少で遅れた形になり株価の底値で買うことは事実上出来ません。

順張りとはトレンドに乗って売買する訳ですので、気を付けていただきたいのはチャートを見るスパンによってトレンドが変わるという所です。

何故?と思うと思うのでここで説明します。
3ヶ月や半年など比較的短いチャートを見ると上昇トレンドですが、もっと長いスパンで1年や3年などと見比べると下降トレンドだった。なんて事がよくあるのです。
でもそんな事を言っていてはいつまで経っても売買出来ませんので、ご自身で使うチャートのスパンを予め設定する事が大事です。
ぶれてしまうと分析もなにも残りません。

一般的に順張りは短期売買に向いていると言われます。
なので順張りに使うチャートは半年程度で十分現実が分かると思います。

プロの投資家と呼ばれる人々も基本的に順張りでの取引をしている事が多く、そういった面で言えば安定した取引ができ、よい成績が出るという投資法と言えます。

しかし、順張りでは株価が上昇している銘柄を狙い買った時の株価よりも更に株価の上昇を期待のひて購入するわけですから、初心者には少し難しいかもしれません。
ゆっくりと上昇している銘柄から初心者の人は試してみて下さい。
ただ、ニュースで話題になっている株などは急落する恐れもあるので逃げる準備をしておくことも大事です。

そのためには何度も記述していますが、日々の情報収集が大切になってくるのです。
テレビやラジオ・書籍・インターネットをフルに活用にして日々の情報収集をして下さい。