逆張りとは?

逆張りとは買うかが下落している銘柄を狙います。
株価の回復を待つ・安価で対象株を仕込みたい時に購入します。
株価の回復を待つ場合は対象銘柄の底値だと思われる銘柄で購入しましょう。

茶とや過去の株価お推移から株価のリバウンドを狙う手法です。
また、一時的に悪材料や、市場の相場循環により連れ安になっている銘柄を購入しましょう。
下落トレンドの銘柄を買うので回復までの期間が待てるかが重要になってきます。
期間を犠牲にする代わりに株価が上昇すれば大きな利益が期待できます。

ただ、逆張りにはいくつかの注意しなければいけない点があります。
下降トレンドの銘柄を買う訳ですから、いつまでたっても上昇しない時や、再び株価が下がって来たときはすっぱりと諦めて損切りをする事が大事です。
損切りとはなにか?でも説明しましたが、被害が拡大する前に損切りしておかないと大変な事になりかねません。
株価が自身の想定通りに上昇しないときは更に下落するリスクが高くなります。
特に業績が悪化した時など短期間で改善出来るわけではないので損切りする方がいいでしょう。
保有を続けることによって損失が拡大してしまうと何の意味もなくなってしまいます。

逆張りの場合RSI・ボリュームレシオなどの買いのシグナル、売りのシグナルが出ています。
また市場が上昇基調の場合はシグナルがあまりでません。
上昇中の大きな反落時にはたくさんのシグナルが出ますが、全ての銘柄に投資出来るわけでもありません。
単純に数字通りの結果を得ることは難しいですが、自分の決めたルールを守る事によってとても有効な武器にもなるのです。

またそのシグナルを見落とさない為にも日々チャートをよく観察する事が大事です。
株で稼ごうと思うなら勉強会やセミナーに積極的に参加する事をお勧めします。
インターネットでも情報は膨大にありますが、マニュアル購入でサポートします。なんて怪しいものには気を付けて下さい。